QLOOKアクセス解析

マリノス木村監督解任。またフロント迷走する。

天皇杯準決勝で、

J2京都相手にまさかの敗戦。



まさか負けるとは思っていなかった。



4点とられるっていうのは、

結構ひどい。



伝統からすれば、

先行逃げ切りの勝ちパターン。



それが追いつかれて勝ち越され、

一回追いついたものの、

延長で勝ち越され。



前のマリノスじゃ考えられなかった。



今年も中間時点で首位だったのに、

そこから中村の離脱と共に、

守備が崩壊し、

結局5位。



そもそも、木村監督だけに責任があるとは思えません。



シーズンインまではかなり攻撃的な戦術を趣向していましたが、

なかなか結果が出なかったことで、

守備的な戦術に転換しました。



マリノスはそもそも井原、小村元代表から、

松田、中沢元代表と、最近は栗原選手が候補になるなど、

DF排出の名門です。



なのに、守備が崩壊。



そして崩壊が続く。



これは昨年シーズン後のチーム構成に問題があったとしか言いようがないのです。



今年残念なことが起きました。



マリノスから松本山雅に移籍した故松田選手。



そもそも移籍させるべきではなかった。



守備崩壊時に、松田選手がいたら、

同じ結果にはならないはずで、

間違いなく、今年の結果は変わっていたはずなのです。



これまでもマリノスは功績者を非情に切ることが多く見られました。



その結果、

伝統の守備が崩壊しているといっても過言ではないわけで、

また、立て直すことが困難だったといえます。



そして補強ですが、

中村選手の年俸が際立って高いのはしょうがないのですが、

外人などの補強に消極的で、

攻めにおいては中村選手の負担が重く、

守備に終われるシーンも多くなっていました。



このようなフロント主導のチーム構成で、

木村元監督は良くやっていたと思います。



また、Jリーグの監督の中で、

これほど記者などの受け答えが面白い監督はいません。



木村監督は、マリノスの至宝です。



それなのに、

責任を押し付けるのは間違っていると思います。



非常に残念です。



敗戦時のサポーターの非難もわかります。



ただ、そのブーイングは監督だけに向けられていたわけではありません。



選手にもフロントにも責任はあるわけです。



今回の結果は、

Jリーグ発足前からのファンとしては非常に残念で失望しました。



日本を代表するチームに、

いつの日か戻ることを祈るだけです。

【Jリーグ公認】  ZIPPO 横浜F・マリノス オフィシャル商品【Jリーグ公認】 ZIPPO 横浜F・マリノス オフィシャル商品
()
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

ブログランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

FC2Blog Ranking

プロフィール

flowerh

Author:flowerh
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身貴族
5位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
フリーエリア
訪問者
いつもご訪問ありがとうございます。
フリーエリア
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ
一緒に押してくださいm(__)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。
フリーエリア
WS000001_20130802163810827.jpg
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる