QLOOKアクセス解析

為替77円台、中国休場で身動きできない一週間か

さて、日曜は経済関係ですが、
ECB、FOMCの効果が一巡。
月末を迎え、難しい動きとなっています。


中国が欧米と一線を期し、
追加金融政策の消極的な発言で景気先行き不安台頭したものの、
翌日、市場に大量の資金供給実施で不安後退。


スペインなど債務削減法案めぐり、
国内情勢不安定も、
ストレスチェックが想定内だったこともあり、
落ち着いた動き。


ただ、週末の米国シカゴ購買指数悪化で、
末日の取引としては、
マイナスで終了しています。


月が変わり、
米国の指標の数字が弱かったことで、
追加策が期待されます。


欧米アジアの景気対策としての流れ、
欧州の債務問題進捗の進展に、
注目が集まります。




NYダウ     -48.84


日経平均    -79.71


225先物     -90(3:00 8860)


CME225      8870


上海      +29.88


ハンセン    +78.09


国債指標     0.778


ドル円      77.78-81


ユーロ円     100.12-15




で、終了しています。


先週は、最後にシカゴ購買部指数の悪化で、
リスク回避の動きから、
アジアと異なりマイナスで終了しています。


為替も、金利差、リスク管理の問題上、
円高の動き換わらず、
警戒感で77円台での動きとなっています。


今週、第2Q決算終了もあり、
ポジション組みの動きから始まりますが、
改めて、中国の反日感情もあり、
不安定な動きが継続しそうです。


日本は中国に頼ることなく、
景気回復の道を探らなければならない可能性が、
高まっています。




さて、今週ですが、
動きにくい1週間となりそうです。


中国が1週間休みに入ります。


欧州~日本と金融政策の場がありますが、
先月の動きもあり、
大きな動きは作りにくい状況です。


ただ、米国の指標悪化があった中、
消費関係の指標発表を控えており、
その数字次第では、
悲観、追加策期待の動きが生じそうです。


その場合は、
為替が一時的に77円台前半に差し掛かる可能性があり、
その影響で株が下落する可能性があります。


国債の利回りが低下しており、
0.7%台とリスク回避を示しています。


来週は、不安定な動きとなりそうで、
方向感はつかみにくくなりそうです。




*来週の主要経済指標 
--------------------------------------- 
日付  時刻  重要度  指標  前回 (訂正)  予想  結果 
10/1 中国、香港、韓国休場
10/1 08:50 JPY 日銀短観 大企業製造業業況判断
10/1 08:50 JPY 日銀短観 大企業製造業先行
10/1 08:50 JPY 日銀短観 大企業非製造業業況判断
10/1 08:50 JPY 日銀短観 大企業非製造業先行
10/1 08:50 JPY 日銀短観 大企業全産業設備投資
10/1 09:00 KRW 韓国貿易収支
10/1 09:00 KRW 韓国HSBC製造業PMI
10/1 09:30 AUD MIインフレ指数
10/1 10:00 CHY 製造業PMI
10/1 16:15 CHF 実質小売売上高
10/1 16:30 CHF SVME購買部協会景気指数
10/1 16:55 DEM 製造業PMI指数・確報値  
10/1 17:00 EUR 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
10/1 17:30 GBP 製造業購買担当者景気指数(PMI)
10/1 17:30 GBP 消費者信用残高
10/1 17:30 GBP マネーサプライM4
10/1 17:30 GBP モーゲージ承認件数
10/1 17:30 GBP M4マネーサプライ
10/1 18:00 EUR 失業率
10/1 21:30 CAD 鉱工業製品価格
10/1 21:30 CAD ライトムーブ住宅価格指数
10/1 21:30 CAD 原料価格指数
10/1 23:00 USD ISM製造業景況指数
10/1 23:00 USD 建設支出
10/2 香港、中国休場
10/2 03:00 BRL 貿易収支
10/2 08:00 KRW 韓国消費者物価指数
10/2 09:00 KRW 韓国HSBC製造業PMI
10/2 08:50 JPY マネタリーベース
10/2 10:30 JPY 毎月勤労統計調査-現金給与総額
10/2 13:30 AUD 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
10/2 15:00 GBP ネーションワイド住宅価格
10/2 18:00 EUR 卸売物価指数(PPI)
10/2 21:55 USD レッドブック
10/2 22:30 SGD シンガポールPMI
10/2 22:45 USD ニューヨークNAPM
10/3 韓国、中国休場
10/3 XX:XX GBP 英中銀金融政策委員会(MPC)1日目   
10/3 10:00 CHY 非製造業PMI
10/3 10:30 AUD 貿易収支
10/3 16:48 EUR フランスマーキット社PMI
10/3 16:55 DEM サービス業PMI指数・確報値
10/3 17:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
10/3 17:30 GBP サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
10/3 18:00 EUR 小売売上高
10/3 20:00 USD MBA住宅ローン申請指数
10/3 21:15 USD ADP雇用統計
10/3 23:00 USD ISM非製造業景況指数(総合)
10/4 中国休場
10/4 XX:XX JPY 日銀・金融政策決定会合(1日目)  
10/4 08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況
10/4 10:30 AUD 住宅建設許可件数
10/4 10:30 AUD 小売売上高
10/4 16:15 CHF 鉱工業生産
10/4 17:30 HKD 小売売上高-価額
10/4 20:00 GBP イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
10/4 20:00 GBP イングランド銀行資産購入目標
10/4 20:30 USD チャレンジャー人員削減数
10/4 20:45 EUR 欧州中央銀行(ECB)政策金利
10/4 21:30 USD 新規失業保険申請件数
10/4 23:00 CAD Ivey購買部協会指数
10/4 23:00 USD 製造業新規受注
10/5 中国休場
10/5 03:00 USD 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
10/5 XX:XX JPY 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
10/5 14:00 JPY 景気一致指数(CI)・速報値
10/5 14:00 JPY 景気先行指数(CI)・速報値
10/5 19:00 DEM 製造業新規受注
10/5 21:00 BRL IBGE消費者物価指数(IPCA)
10/5 21:30 CAD 失業率
10/5 21:30 CAD 新規雇用者数
10/5 21:30 CAD 住宅建設許可件数
10/5 21:30 CAD 行動者率
10/5 21:30 USD 非農業部門雇用者数変化
10/5 21:30 USD 失業率
10/5 21:30 USD 民間部門雇用者数変化
10/5 21:30 USD 製造業雇用者数変化
10/6 04:00 USD 消費者信用残高
--------------------------------------- 
  
週初からの流れ次第です。


ただ、中国情勢、政局の行方、為替などが不安定な動きであり、
大きく下にも上にも動きにくそうです。


日経平均、FXとも、ボックスの動きとなりそうです。


さて、月曜の予想としては、
8750~8900円。


週の予想としては、
8750~9250円。


と考えています。




では。


さて、日曜は経済関係ですが、
ECB、FOMCの効果が一巡。
月末を迎え、難しい動きとなっています。


中国が欧米と一線を期し、
追加金融政策の消極的な発言で景気先行き不安台頭したものの、
翌日、市場に大量の資金供給実施で不安後退。


スペインなど債務削減法案めぐり、
国内情勢不安定も、
ストレスチェックが想定内だったこともあり、
落ち着いた動き。


ただ、週末の米国シカゴ購買指数悪化で、
末日の取引としては、
マイナスで終了しています。


月が変わり、
米国の指標の数字が弱かったことで、
追加策が期待されます。


欧米アジアの景気対策としての流れ、
欧州の債務問題進捗の進展に、
注目が集まります。




NYダウ     -48.84


日経平均    -79.71


225先物     -90(3:00 8860)


CME225      8870


上海      +29.88


ハンセン    +78.09


国債指標     0.778


ドル円      77.78-81


ユーロ円     100.12-15




で、終了しています。


先週は、最後にシカゴ購買部指数の悪化で、
リスク回避の動きから、
アジアと異なりマイナスで終了しています。


為替も、金利差、リスク管理の問題上、
円高の動き換わらず、
警戒感で77円台での動きとなっています。


今週、第2Q決算終了もあり、
ポジション組みの動きから始まりますが、
改めて、中国の反日感情もあり、
不安定な動きが継続しそうです。


日本は中国に頼ることなく、
景気回復の道を探らなければならない可能性が、
高まっています。




さて、今週ですが、
動きにくい1週間となりそうです。


中国が1週間休みに入ります。


欧州~日本と金融政策の場がありますが、
先月の動きもあり、
大きな動きは作りにくい状況です。


ただ、米国の指標悪化があった中、
消費関係の指標発表を控えており、
その数字次第では、
悲観、追加策期待の動きが生じそうです。


その場合は、
為替が一時的に77円台前半に差し掛かる可能性があり、
その影響で株が下落する可能性があります。


国債の利回りが低下しており、
0.7%台とリスク回避を示しています。


来週は、不安定な動きとなりそうで、
方向感はつかみにくくなりそうです。




*来週の主要経済指標 
--------------------------------------- 
日付  時刻  重要度  指標  前回 (訂正)  予想  結果 
10/1 中国、香港、韓国休場
10/1 08:50 JPY 日銀短観 大企業製造業業況判断
10/1 08:50 JPY 日銀短観 大企業製造業先行
10/1 08:50 JPY 日銀短観 大企業非製造業業況判断
10/1 08:50 JPY 日銀短観 大企業非製造業先行
10/1 08:50 JPY 日銀短観 大企業全産業設備投資
10/1 09:00 KRW 韓国貿易収支
10/1 09:00 KRW 韓国HSBC製造業PMI
10/1 09:30 AUD MIインフレ指数
10/1 10:00 CHY 製造業PMI
10/1 16:15 CHF 実質小売売上高
10/1 16:30 CHF SVME購買部協会景気指数
10/1 16:55 DEM 製造業PMI指数・確報値  
10/1 17:00 EUR 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
10/1 17:30 GBP 製造業購買担当者景気指数(PMI)
10/1 17:30 GBP 消費者信用残高
10/1 17:30 GBP マネーサプライM4
10/1 17:30 GBP モーゲージ承認件数
10/1 17:30 GBP M4マネーサプライ
10/1 18:00 EUR 失業率
10/1 21:30 CAD 鉱工業製品価格
10/1 21:30 CAD ライトムーブ住宅価格指数
10/1 21:30 CAD 原料価格指数
10/1 23:00 USD ISM製造業景況指数
10/1 23:00 USD 建設支出
10/2 香港、中国休場
10/2 03:00 BRL 貿易収支
10/2 08:00 KRW 韓国消費者物価指数
10/2 09:00 KRW 韓国HSBC製造業PMI
10/2 08:50 JPY マネタリーベース
10/2 10:30 JPY 毎月勤労統計調査-現金給与総額
10/2 13:30 AUD 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
10/2 15:00 GBP ネーションワイド住宅価格
10/2 18:00 EUR 卸売物価指数(PPI)
10/2 21:55 USD レッドブック
10/2 22:30 SGD シンガポールPMI
10/2 22:45 USD ニューヨークNAPM
10/3 韓国、中国休場
10/3 XX:XX GBP 英中銀金融政策委員会(MPC)1日目   
10/3 10:00 CHY 非製造業PMI
10/3 10:30 AUD 貿易収支
10/3 16:48 EUR フランスマーキット社PMI
10/3 16:55 DEM サービス業PMI指数・確報値
10/3 17:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
10/3 17:30 GBP サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
10/3 18:00 EUR 小売売上高
10/3 20:00 USD MBA住宅ローン申請指数
10/3 21:15 USD ADP雇用統計
10/3 23:00 USD ISM非製造業景況指数(総合)
10/4 中国休場
10/4 XX:XX JPY 日銀・金融政策決定会合(1日目)  
10/4 08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況
10/4 10:30 AUD 住宅建設許可件数
10/4 10:30 AUD 小売売上高
10/4 16:15 CHF 鉱工業生産
10/4 17:30 HKD 小売売上高-価額
10/4 20:00 GBP イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
10/4 20:00 GBP イングランド銀行資産購入目標
10/4 20:30 USD チャレンジャー人員削減数
10/4 20:45 EUR 欧州中央銀行(ECB)政策金利
10/4 21:30 USD 新規失業保険申請件数
10/4 23:00 CAD Ivey購買部協会指数
10/4 23:00 USD 製造業新規受注
10/5 中国休場
10/5 03:00 USD 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
10/5 XX:XX JPY 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
10/5 14:00 JPY 景気一致指数(CI)・速報値
10/5 14:00 JPY 景気先行指数(CI)・速報値
10/5 19:00 DEM 製造業新規受注
10/5 21:00 BRL IBGE消費者物価指数(IPCA)
10/5 21:30 CAD 失業率
10/5 21:30 CAD 新規雇用者数
10/5 21:30 CAD 住宅建設許可件数
10/5 21:30 CAD 行動者率
10/5 21:30 USD 非農業部門雇用者数変化
10/5 21:30 USD 失業率
10/5 21:30 USD 民間部門雇用者数変化
10/5 21:30 USD 製造業雇用者数変化
10/6 04:00 USD 消費者信用残高
--------------------------------------- 
  
週初からの流れ次第です。


ただ、中国情勢、政局の行方、為替などが不安定な動きであり、
大きく下にも上にも動きにくそうです。


日経平均、FXとも、ボックスの動きとなりそうです。


さて、月曜の予想としては、
8750~8900円。


週の予想としては、
8750~9250円。


と考えています。




では。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ
おかげさまで1位です。ありがとうございます。サラリーマン日記も1位ですm(_ _)m


人気ブログランキングへ
B級グルメ8位に低下。もう一応援、お願いします。



独身男性にカテゴリー変更しました。(^^;


【トレミー】人気ブログランキング映画のカテゴリーに登録です。




押していただければ幸いです。



その証券会社もキャンペーン実施中みたいです。



口座開設は今がチャンスかも。





ライブスターFX
 



トレイダーズ証券「みんなのバイナリー」
 



外為ジャパン FX
 



ライブスター証券
 



生命保険17社無料パンフレット一括請求
 



丸三証券
 



リクナビNEXT
 


信用取引なら《むさし証券トレジャーネット》




(おまけ)


no33_R_20120930071629.jpg




その証券会社もキャンペーン実施中みたいです。



口座開設は今がチャンスかも。





ライブスターFX
 



トレイダーズ証券「みんなのバイナリー」
 



外為ジャパン FX
 



ライブスター証券
 



生命保険17社無料パンフレット一括請求
 



丸三証券
 



リクナビNEXT
 


信用取引なら《むさし証券トレジャーネット》




(おまけ)



スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

ブログランキング
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

FC2Blog Ranking

プロフィール

flowerh

Author:flowerh
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身貴族
9位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
フリーエリア
訪問者
いつもご訪問ありがとうございます。
フリーエリア
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ
一緒に押してくださいm(__)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。
フリーエリア
WS000001_20130802163810827.jpg
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる